3人麻雀の特徴

3人麻雀について書きたいと思います。

基本的に麻雀は4人で行うゲームなんですが、
どうしても4人そろわない時や1人が遅れてくる時にやるのが3人麻雀です。

3人麻雀の特徴はやはり、マンズの2から8までを
抜くことが一番の特徴だと思います。

マンズでの組み合わせが無いので、ソーズとピンズと字牌での勝負になりますので、
結構早い段階でそろうことが多く、
そして点数の高い、チンイーツやホンイーツなごが比較的簡単に
そろうので結構楽しいです。

自分もそろうのが早いのですが、
相手もそろうのが早いので、そこのバランスを考えて
やらないといけないので非常に面白く、
私なんぞは4人麻雀よりも3人麻雀の方が楽しいです。

そういう人も多いと思います。
3人麻雀はほとんど4人麻雀とルールは一緒ですが、
違うところがあります。

3人でやるんで北が風牌になることが北場に突入しないとありません。
北場に突入するなどまず無いことなので、
北の扱いが色々な種類があります。

例えば、北を捨てるともう一枚積もれるルールだったり、
北は無条件にドラだったりと色々な地方ルールというか
個別のルールがあるのできちんと確認してから始めるようにしましょう。

私がよくやるのは、北は無条件にドラに成り、
北をポンするだけでマンガンが確定するルールです。
これがまた大変で、北は何の価値も無いのですが、
北を相手にポン指すとマンガンを相手に確定させてしまう事に
なるので注意ながらやら無いといけないというのが私は楽しいと思います。

また、3人麻雀は比較的にヤクマンも出やすく
ダイサンゲンなどすごく出やすいです。

3人でやるのですから4人でやるよりも出やすくなるのは
当たり前なのですが本当によく出ます。

3人麻雀は本当によくそろうので流局が少ないのも
特徴のひとつだといえます。

どれだけ早く、
どれだけ高い点数で上がれるかが勝負の鍵だといえます。

25000点スタートだと東場だけで終わってしまうのが
多いので30000点スタートにすることをお勧めいたします。

DORA麻雀が違法というのは本当なのか検証してみました!
TOPに戻る⇒DORA麻雀 違法なの?
サブコンテンツ

このページの先頭へ