七対子上手い人は麻雀が上手いの法則

七対子が上手い人は、麻雀が上手いという法則?があります。

法則というよりも経験則に近いのですが・・・
七対子というのは麻雀の中でも特殊な役です。

同じ牌を2個づつ集めることで完成する役ですが、
麻雀が上手い人は大体七対子が上手いです。

まず第一に、攻撃しやすく守りやすい役というのがあります。
七対子はその性質上、回したり
(当り牌を止めて手の内で利用しようとする行為)が容易にでき、
一度聴牌を崩しても復帰しやすいという利点があります。

攻撃に関してもドラが絡めばマンガン、
裏ドラまで乗ればハネマンまでと、
他の役より簡単に高得点を作ることが可能です。

そして第二に、牌を予想しなければならないということがあります。
自分の持ってる牌は、重なるのか?

相手の手の内にあるか?それとも山に眠っているのか?
というのをある程度予想しなければなりません。

両面待ちと比べ、七対子はピンポイントで欲しい牌を予想しなければならないので、
とても奥が深く突き詰めると難しい役だと思います。

上級者になればなるほど、山に残っている牌の予想が上手く、
七対子で聴牌や上がりを取りやすくなります。

このことから七対子が上手い人は、
麻雀自体が上手いと言えるのではないでしょうか。 

DORA麻雀が違法というのは本当なのか検証してみました!
TOPに戻る⇒DORA麻雀 違法性を徹底検証!

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ